もしもミシンが使えたら。。。

もしもミシンが使えたら。。。#010 シャツの縫製(工程5:剣ボロをつける&工程6:袖をつける)

update

2012年も残すところ、あと20日。。。も、あります!
実行するはずだった「計画」、達成するはずだった「目標」、定着するはずだった「習慣」。。。
「するはずだったこと」をあと20日間でやりきって、気持ちよく新年を迎える「はずだった」にならないように
やっていきます。
あわてることはありません、20日もあるんですから。。。

前回から2か月放置していたシャツ。
久々に友人にあったような感覚です。
「おぉっ、久しぶり。。。」
「元気だった?。。。」
「うん、まぁね。。。」
「。。。」

久々の再会は、すこし照れくさく、ぎこちなく。。。
会話も途切れ途切れ。。。
変な「間」を埋めるように、作業に入ります。

工程5)袖口に剣ボロをつける


「すこし、太った?」「う、うん。。。」(お手製厚紙定規を使いながら、剣ボロにアイロンで織り目をつける)

 

「相変わらず、忙しいの?」「う、うん。。。」(剣ボロと持ち出しを袖に縫い付ける)

気づいたら、剣ボロのステッチができてました。

 

工程6)袖をつける(折伏せ縫い)

「めがね変えた?」「う、うん。。。黒縁は3つ持ってるよ。」(袖と身頃を縫いあわせる)

これまで間を埋めるように折伏せ縫いの準備に取りかかり。。。

あっという間に剣ボロと袖が付いて。。。

 

「近いうちに、また、会おうね」と、ゆるい約束をして別れました。

つづく。。。