作例集FAB

FAB #022 型紙がいらないスカート3(ウールのループ織をつかって編)

update

「気軽にはじめられるソーイングを」という思い からはじまった「型紙がいらない」シリーズ。
第三弾は「タック」にスポットをあてたスカートです。

タックで立体感を
前回までは「巻きスカート風」にすることで、くっきりとした立体感を出しましたが
今回は正面中央にタックをつくり、両サイドから中央にかけて
ふわりとかるい立体感を出す作戦です。
型紙をつかわずにこんなのできるの?的仕上がりですが
ほんとに簡単です。

裾の始末をフリンジにして、かるさを
立体感とあわせてポイントにしたいのが「かるさ」です。
ウールをつかったスカートの裾を三つ折りの直線縫いで仕上げようとすると
どうしてもダボッとしてしまって「かるさ」に欠けます。
それで通常は「ロックミシン(ジグザグミシン)をかけて手まつり」で仕上げるわけですが
今度は「手軽さ」に欠けます。(もちろん慣れてしまえばむずかしくはありません)
そこで考えたのが「フリンジ」です。
これなら、いわゆる捨てミシン(縫い目を細かくして直線縫い)をかけて横糸を抜くだけで
ふんわりかるい裾に仕上がります。

それでは出来上がりです。




 

裾のフリンジ仕上げウールの風合いと良く合っていると思います


ひっくり返した裏側はこんな感じです(向かって左は袋縫い、右はステッチをかけただけです)

 

<材料>
ウール×無地(キャメルベージュ)×ループ織

※そのほかの材料
・ウエストベルト(リネン&コットン×無地(カーキグリーン)×シーチング)
・2cm幅のゴム(ウエスト+縫い代1cm)

 

<裁断図>

<つくりかた>裁断から完成まで約2時間です

<fab-Tube動画>つくりかたの参考に