topics

パリッと、ドライにマニッシュストライプ。

update


アメリカン・カジュアルの夏の定番といえば、コードレーンです。
硬めでパリッとハリがあり、ドライな肌触りはスーツやジャケット、パンツなどにつかわれ
すっきりとした見た目も涼しげ。
タテ糸でつくられた畝の光影は上品で、僕は「夏を静かな避暑地で過ごす、知的な紳士」を連想します。

シャツ地のコードレーンは季節を問わず、着て頂けますが
ボトムスやジャケットにつかえる厚さのものは春夏の素材。
色も暖色×白の組み合わせもありますが、王道は「サックス〜ネイビーのブルー系×白」です。

くたっと、やわらかめのコットン&リネン×ストライプ(ダークネイビー)×コードレーンはフレアスカートで
コットン&リネン×ストライプ(ダークネイビー)×コードレーン
(布地幅146cm@1,280/m)

コットン&リネン×ストライプ(ダークネイビー)×コードレーン
作例はこちら→ FAB #042 コードレーンのラウンドポケットスカート

 

 

そして、コットン×ストライプ(ネイビー)×コードレーンのマニッシュな雰囲気はパンツやジャケットにぴったりだと思います。
コットン×ストライプ(ネイビー)×コードレーン
(布地幅116cm@1,080/m)

コットン×ストライプ(ネイビー)×コードレーン
こちらは現在、もしミシでハーフパンツづくりが進行中です。がんばります。