blog

BOOK #016 「伝えていきたい日本の味」(栗原はるみ著・扶桑社)

update

引っ越ししてからというもの、外食することがめっきり減りました。
「もうすこし、がんばろうかなぁ」というときも、潔く帰るようにして
夕食は家で食べるようになりました。

以前は、「遅くまでがんばる→ごほうびに外食(暴飲暴食)→翌日だるい→ペースが上がらない→遅くまでがんばる→ごほうびに…」の
がんばればがんばるほど、不健康になっていく恐ろしいサイクルでした。
何度も「リセットボタン」を押すのですが、気づけば、ばっちり不健康サイクルに突入しています。
「よーし、がんばろう」とやればやるほど、不健康になっていくのですが
神様はきびしい試練をお与えになりますなぁと、あきらめていました。

それが今、「よーし、がんばろう」となるのは朝になりました。
「潔く帰る→夕食を家で食べる→早く寝る→睡眠たっぷり→朝から絶好調!中畑清→潔く帰る」
すっきり目覚めて、朝食を食べて、お弁当を持ってスタジオに来ると
朝一からギアがバッチリ入っています。

そして、この絶好調!中畑清モードで 大切なのは「料理」です。
「今日は厚揚げをカリッカリに焼いて、おかかと葱と生姜で食べたい」とか、食べたいものが具体的に浮かぶ日はいいのですが
浮かばない日には料理本をペラペラとやります。
その時のポイントは「料理屋さんのメニュー」を見るときの目線です。
まずは、なんとなく体調的に和・洋・中・エスニックの大枠を決めて、さらにお店(料理本)を選びます。
それから、ぺらぺらやると、「おぉ、これ食べたい!今日はこれにしよう」というものが
高い確率で見つかります。

体調的には「和」になることが多く、よく行くお店(料理本)が「伝えていきたい日本の味」(栗原はるみ著)です。
和といっても、嗜好するのは家庭料理なので、コロッケとかも網羅されている、このお店(本)は
とてもつかえるいいお店です(笑)

「ほう、秋のメニューですか。。。どれどれ」

 

「肉じゃが、いいねぇ、はい、きょうは肉じゃがにします!」

 

これで明日も「絶好調!中畑清です」といきたいところです。