blog

がんばれ、チノちゃん。

update

チノちゃん「ねぇねぇ、fabちゃん。ちょっと、聞いていい?」

fabちゃん「どうしたの、そんな深刻な顔して。。。」

チノちゃん「いや、fabちゃんはいつも『うわぁ、君たちいいねー!』って、私たちのこと褒めてくれるけど。。。」

fabちゃん「けど?」

チノちゃん「なんか、自信がないっていうか、私たち地味だし、fabちゃんはほんとはもっと明るくて、華のある子の方が。。。」

fabちゃん「好きじゃないのかって?」

チノちゃん「私たちだってツヤとかはそれなりにあるし、ハリもあって、服に仕立ててもらえれば、わかってもらえると思うんだけど。。。」

fabちゃん「そうだね。それを『仕立て映えする』って云うんだよ」

チノちゃん「シタテバエ?」

fabちゃん「チノちゃんは友達がたくさんいるよね」

チノちゃん「うん、多い方だと思うけど。。。」

fabちゃん「でも、みんなはチノちゃんみたいに、仕立て映えするするかなぁ?」

チノちゃん「そうじゃない子もいると思う」

fabちゃん「じゃあ、ここにいる子はどう?」

チノちゃん「みんな。。。すると思う、仕立て映え!」

fabちゃん「僕は布地屋さんをはじめるときに考えたんだ。ふつうの人が、ふつうに手に入るパターンをつかって、じぶんで服をつくるための布地に必要なことは何かなって。」

チノちゃん「なんか、むずかしそう」

fabちゃん「むずかしくないよ。答えはとってもシンプルなんだ。仕立て映えすること、それだけ」

チノちゃん「でも、仕立て映えしない布地でも、すっごく縫うのが上手な人だったら、かっこよくできるんじゃないの?」

fabちゃん「たしかに、すこしはよくなるかもしれないけど。。。でも大切なのはふつうの人がつくった服でも、仕立て映えする布地を使えば、既製服に見劣りしないどころか、既製服以上の仕上がりだって不可能じゃないってことなんだ。たしかに、高価な布地は仕立て映えする。でも、手頃な価格の布地でも、仕立て映えするものはたくさんあるんだ。僕はそういう布地、そうチノちゃん達が大好きなんだ」

チノちゃん「fabちゃん。。。」

fabちゃん「きょうもオンラインストアにチノちゃんの友達を紹介できたし、明日明後日はお店がお休みだから、ゆっくり服をつくろうと思ってるんだ。力になってくれるよね」

チノちゃん「うん、がんばる」

 

 

めでたし、めでたし。

 

オンラインストアにチノちゃんのお友達を追加しています。
週末、お時間ございましたら、よろしくお願い致します。