blog

このパターンがそのまま使えるひとがうらやましくて仕方がない。

update

なにをつくるにも、アメリカンなボディゆえ、パターンがありません。

そうか、じゃあ、アメリカのひとがつかうパターンをつかえば、いいんじゃない?

そう思ってamazon.comをチェック。

 

が、検索してみると漂う「コレじゃない感」 がすごい。

 

で、結局。。。

じぶんの持っている服の出来上がり寸法を計測→原型→仮縫い→fabちゃんオリジナルパターンをつくる、いつものパターン。

かなり、遠回り。

 

もちろん、つくるのはミホ先生。

「なんか、また太ってない?」

「もうすこし、大きくする?きつくない?」

「これ以上、大きくなったら、もう。。。大変よ」

浴びせかけられる言葉は容赦がありません。

 

くやしい。

パターンさえあれば、つくれるのに。

ただ、己のパターンができあがっていくプロセスを見守ることしかできない。。。

無念。

 

さっき、仮縫いされたものを試着してみました。。。

 

臀部に全くゆとりがありませんでした。

「先週から、また大きくなったちゃない?」

「もう、痩せた方が早いかもよ!」

「忙しい」という字は「心を亡くす」と書きますが

じぶんの服づくりに着手できない、いらだちを僕にぶちまける始末です。

 

きっと、このくやしい思いをしているのは僕だけじゃないはず。

いまこそ、起ち上がろうじゃありませんか!

その想いを込めて、仕入れたのがこの1冊です。

服飾造形講座(9) メンズウェアⅠ(体型・シャツ・パンツ) (文化服装学院編)

全190ページを読破し、マスターしてやろうじゃないですか!

 

 

 

 

あと、くやしいんですが。。。

パターンがそのまま使えるS・M・Lサイズみなさんに朗報です。

新刊、ミリタリーウェアの本 (嶋﨑隆一郎 著)が入荷、しています。。。

ミリタリーテイストのアウター全9点掲載、メンズ、レディース対応のサイズ展開だそうです。。。

 

 

このパターンがそのまま使えるひとがうらやましくて仕方がない1冊です。。。

 

いいなぁ。。。