今日のコレコレ(シーズン1完結)

今日のコレコレ。#028 1枚仕立てのジャケット(「シンプルワードローブ」大川友美 著)

update

これをつくるんだったら。。。

1枚仕立てのジャケット(「シンプルワードローブ」大川友美 著)
今日のコレコレ。#028 1枚仕立てのジャケット(「シンプルワードローブ」大川友美 著)
ワッシャー加工されたウールツイード。こちらはそのままですが、シンプルなデザインなので、すこし変化球な布地をピックアップしてみました。

 

これですよ!その1(本命)

ウール&ナイロン×無地(カーキグリーン)×フラノ(フランネル)(2,460yen/m)
ウール&ナイロン×無地(カーキグリーン)×フラノ(フランネル)
・ハリのあるフラノ地(メルトンより薄く軽いです)
・両面(表裏)起毛していて、ふんわりやわらか
・目が詰まっているので、かるくてあったかです
・ブロード(シャツ地)よりやや厚みがあります(薄手のウール地)
→作例の雰囲気っぽく、すっきりと。

 

これですよ!その2(雰囲気アレンジ)

ウール&ナイロン×ミックス(ベージュ&ブラック)×ツイード(2,980yen/m)
ウール&ナイロン×ミックス(ベージュ&ブラック)×ツイード
・ベージュのナイロンを織り込んだ、ぎゅっと詰まった織りのツイード
・両面(表裏)同じ風合いで、ややざっくりしています(チクチクはしません)
・程よいハリとやわらかさ
・密な織りは、透けません
→これくらいインパクトがあっても。

 

これですよ!その3(意外にぴったり)

ポリエステル&コットン混×幾何学模様(ベージュミックス)×ゴブラン織_イタリア製(4,320yen/m)
 ポリエステル&コットン混×幾何学模様(ベージュミックス)×ゴブラン織_イタリア製
・タテ糸は多色の糸を複雑に撚り合わせ、ヨコ糸はモコモコとしたモール糸を使用した、ゴブラン織
・両面がしっとりとしてヌメリある手触り
・ボリュームある織りの中に、くったりとしたやわらかさがあります
・タテの織り柄と、ヨコの畝が重なり、奥行きと立体感があります
・イタリア製
→シンプルなジャケットにぴったりなんです。