もしもミシンが使えたら。。。

もしもミシンが使えたら。。。#038 デニムのワークパンツ(はいて育てるデニムの巻)

update

今回のデニム。
デニムの中では、やや薄めですが、ギュッとつまった織りは、ハリが強く
霜降りの織り地とあいまって、ライク・ア・羅臼昆布。羅臼昆布

 

いつものシルクピンでは、指が痛くなるので
デニムのワークパンツ

 

文房具のWクリップが大活躍。
デニムのワークパンツ

 

挟めるところはバシバシ挟んで、ジャーーーーーー。(これは早い)
Wクリップでしつけ

 

布地が重なった部分は自動糸切りをつかうと、針がバチンといきやすいです。(何度かヒヤッとしました)
手動(糸切りばさみ)でカットしたほうがいいです。※ファスナーあきのところとか08

 

ただ、布地自体は硬い分、縫いズレしにくく、超縫いやすかったです。
ゆっくり縫えば、家庭用ミシンのパワーでも十分ですよ。

で、完成。
デニムのワークパンツ
デニムのワークパンツ
デニムのワークパンツ
デニムのワークパンツ

 

 

まだまだ、パリッとしたハリはありますが、いい感じになじみやすがあるので
デニムのワークパンツ

 

お気に入りに
デニムのワークパンツ

 

追加しました。
デニムのワークパンツ

 

はいて洗って、はいて洗って、やわらかくなっていくのが楽しみです。
もしもミシンが使えたら。。。#038 デニムのワークパンツ(はいて育てるデニムの巻)

 

<材料>
コットン×無地(インディゴ)×デニム(110cm幅@1,510×2.2m=3,322)