blog

オンラインストア(通販)にあたらしい布地を追加+経年優化する布地

update

リネンの売り文句の定番に「使い込むほどにやわらかく。。。」というのがあります。

しかし、リネン100%はピン〜キリで、価格と品質がぴったり連動するので

「これは!」というものはやはり、いいお値段がしますし

「あちゃちゃちゃ〜↓」というものは、激安超特価!です。

 

「これは!」「あちゃちゃちゃ〜↓」の違いは何かというと

「経年優化するかどうか」です。

経年劣化(=年月が経つうちに製品の品質・性能が低下すること)の反対、まさに「使い込むほどに風合いが増すかどうか」です。

 

先週、スクールの生徒さんから、僕の着ているシャツを褒められました。

アイリッシュリネンの黒のシンプルなシャツです。(とにかく、いいリネンでつくって!とお願いしたので、いいお値段でしたが)

まだ、ミホ先生と結婚する前につくってもらった1着なので、ずいぶん着倒していますが

まさしく、風合いが増して、経年優化しつづけています。

 

リネン100%の場合は、ハリとコシがありつつ、やわらかさが増すかどうかがポイントになりますが

「あちゃちゃちゃ〜↓」は得てして、ハリとコシは残っても、一緒にガサガサ・チクチクが残ります。

まだまだ、使い込みが足りないのかな?とガシガシ使っても残念ながら風合いは変わりません

 

「えっ?じゃあ結局やわらかくなるのは、いいお値段のリネンだけってこと?」と思われそうですが

この「使い込むほどにやわらかく」という特性は、実はリネン100%だけにあてはまることではなく

コットン、リネンなど天然素材の繊維一般に共通するものです。

もちろん、素材の品質によるところが大きいのですが、風合いが増す、やわらかく、ということであれば

良質なコットンハーフ(50%前後)の方が、ぐっとやわらかさが増していきます

 

このリネン&コットンはリネン100%に比べ、お値段はお手頃ですが

良質なリネン100%に負けず劣らずで、使い込むほどに「やわらかく」なっていきます

リネン100%はプライス=品質なので、やわらかくなるかな?だけ考えればいいのですが

リネン&コットンは素材各々の品質とバランスを見極める必要があるので

よーく、よーく考えて仕入れます。

 

ただ、今回追加しました、「リネン&コットン×無地×ヘリンボーン_全5色」は触った瞬間に

「あっ、いい、ハイ、決まり!」となった風合い。

最初リネン100%だと思って。。。

春夏でリネンの織りの変わったものを探していたこともあり

飛びついたのですが。。。

よーく、素材を見るとリネン60%、コットン40%

 

リネンのなめらかさと光沢がありながら、やわらかさをコットンがうまくカバーしていて

おまけにW幅140cm

ほどよい厚さとハリ、やわらかさがあり、シャツ、ワンピース、スカートまで

飽きのこない、シンプルでスタンダードなデザインで、ながく楽しんで頂きたいアイテム。

使うほどに身体になじむのがイメージできて、勢い全色仕入れました。

オンラインストアでじっくりご覧ください。