blog

オンラインストア(通販)にあたらしい布地を追加+いい・わるい・すき・きらいでセレクト

update

先日の仕入の商談。

「これいいですね」「これもいいなぁ」とピックアップしていました。

ひと通りサンプルを見終わったところで

「今こういうのも売れてますよ」と、出してもらったサンプルに

「う〜ん、こういうのは僕たちは苦手で。。。」というと

「安い商品をつくろうとすると、どうしても手を抜かないといけなくなるんですよね。。。」

メーカーの方はなんだかうれしそうに、ポツリとこうおっしゃいました。

なんで、うれしそうにしてるのか聞いてみると

「いい・わるい・すき・きらい」だけが判断基準の僕たちがうらやましいと。

 

経済の原則からすれば、価格競争力は必要なものですが

その源泉を技術革新ではなく、「手抜き」に求め続けると

いつかは干上がってしまいます。

 

特に、僕たちがやっている小売は

知らず知らずのうちに「いいものを売りたい」熱意が現実に冷まされ

「売れるもの、売りやすいもの」を求めることが仕事になってしまう

側面があります。

そして、これは大きな企業では仕方がないことでもあります。

 

そういう意味では僕たちは恵まれています。

なんてたって、夫婦2人の超零細企業ですから。。。

「いいものを売りたい」にこだわって、「たくさん売ること」にこだわる必要がありません。(本当はたくさん売れるとうれしい)

 

昨晩、スイスのお客さんから「fabちゃんの布地、とってもいいわ」のメールを頂きました。

そして、質問で「ブログでmade in Japanの布地がalmostって書いてるけど、これもこれもそうよね」と。

「日本語、わかるんですか?」と返信すると

「グーグルの翻訳で完全ではないけど、写真をみたら、良さが理解できる、とってもラブリーだ」と。

 

「いま売れてます!」な布地を並べていたら、わざわざコピー&ペーストを繰り返し翻訳してまで

みてもらえなかったと思います。

 

「いい・わるい・すき・きらい」だけを頼りにセレクトした布地。オンラインストアに追加しました。