作例集FAB

FAB #162 テーパードパンツ(大川友美 著「いつもの服、きれいな服」より)

update

「いつもの服、きれいな服」(大川友美 著)より。
テーパードパンツ。
今回はリネン×無地(ネイビー厚オックスフォード_6をつかった作例をご紹介します。
DSC08308 DSC08307

 

ここ数年20〜30番くらいのやや太番手糸で織られたリネン生地で、パンツにつかえるものを探していました。
いろいろ取り寄せた中で、このリネン厚オックスの風合いは群を抜いていました。
191161c_f

 

良質な素材をつかって、丁寧に織られているのはもちろんですが、そのスゴさは仕上げにあります。
191161c_g-2

 

一般に、太番手の糸で織られ布地はどうしても風合いとしてのゴワつきが出てしまいます。
が、このリネン厚オックスは織り上げた後に、やさしくたたきほぐす加工仕上げが施されるので、リネン特有のチクチク感がなく、最初からくったりやわらかで、しっとりとした肌触りが楽しめます。
191161c_h

 

そして、この風合いを楽しむならと、選んだのがこちらのテーパードパンツです。
191161c_i

 

前あきのないウエストゴム仕様は、パンツをつくるのがはじめての方でもむずかしくありませんし、シンプル&ベーシックで飽きのこないシルエットは、コーディネートしやすく、長く楽しめます。
191161c_j

 

ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

 

製作のまとめです。

<材料>Mサイズ

リネン×無地(ネイビー厚オックスフォード_6(@3,240×2.3m=7,452)

9mm幅の伸び止めテープ 0.5m

3cm幅のゴムテープ 0.7m

 

<パターン>
「いつもの服、きれいな服」(大川友美 著)

 

<つくりかたのポイント>
シンプルデザインで、むずかしい工程がありません。

 

<製作時間>縫製〜完成
2時間

 

<コレコレ>コレをつくるんだったら、コレですよ
今回、ご紹介したテーパードパンツには、以下の布地も適しています。

リネン×無地(パラダイスグリーン)×サージ_全22色
132072f_a
・フランス産のリネンを使用し国内で織られた布地です
・くったりやわらかな洗いざらしの風合い加工がされています
・なめらかなツヤがありしっとりとしてヌメリある肌触り
・リネン特有のチクチク感がありません
・素材の特性上糸ふし色ムラがあります
・布地の厚さ0.43mm

 

コットン&ビスコース混×無地(スチール)×サージストレッチ_全2色_イタリア製
181313b_a
・コットン&ビスコース等混ギュッと目のつまった織りのサージストレッチ
・しっとりとしてヌメリある手触り
・適度なコシとクタクタとしたやわらかさ
・若干ヨコに伸びるストレッチ性は身体に馴染みやすいです
・透けにくいです
・布地の厚さ0.35mm
・イタリア製

 

コットン×無地(ブルー)×ヘリンボーン
181092_a
・タテは晒糸ヨコはブルー糸で織られた細かな杉綾目ヘリンボーン
・さらりとした表面はしっとりとした手触りです
・適度なコシとやわらかさ
・やや薄手ですが密な織りは透けません
・布地の厚さ0.33mm

 

コットン×無地(インディゴブルー)×デニム(6oz)
191072_a
・6ozのデニム(ライトオンス)
・ふっくらとした表面はしっとりやわらかな手触りです
・適度なコシとやわらかさ
・透けません
・布地の厚さ0.46mm

 

コットン&ポリウレタン×無地(フォレストグリーン)×サージストレッチ
181045_a
・ぎゅっと目のつまった細かな綾目(斜め織)サージストレッチ
・さらりとした表面
・マットなツヤ
・適度なハリコシとやわらかさ
・ヨコ伸びストレッチ(伸縮性:約1.1倍)は身体に馴染みやすいです
・布地の厚さ0.42mm