作例集FAB

FAB #094 ギャバジンのステンカラーコート

update

すげーいいギャバジン見つけたぞぉと思って
topicsまっくろくろすけ出てきたよ〜。(黒のギャバジン、いろいろ。)
ご紹介していましたが。。。

数日後、スクールの生徒さんに、「なんとなくわかりましたけど、全部同じに見えました」
という的確かつズコッーなご指摘を賜りました。
一瞬まぶたが引きつったかもしれませんが
僕は全然動じてはいませんでした。
なぜなら、その時すでに、ミホ先生と作例をつくる計画を立てていたからです。

が、9月に入るやいなや。。。
毎日、たくさんのご注文にウキウキ発送。
お腹がすいたら、歩いて3分、自宅でモリモリ夕食。
DVDを見て、お風呂に入って、寝る。。。
超充実生活の一方で、スケジュール帳を見ては
FAB、もしミシの進行遅れが気になるものの
心地よいループに身を任せていたのでありました。

あれから1か月。
ようやく、ミホ先生、改心のFABが完成致しました。

布地はコットン&ポリエステル×無地(チャコールブラック)×ギャバジン
コットン&ポリエステル×無地(チャコールブラック)×ギャバジン
特徴としては。。。
・コットン(65%)&ポリエステル(35%)混紡のギャバジン
・起毛した表面は、しっとりとしてスエードのようなヌメリある手触り
(裏面ははフラットでさらりとした手触り)
・白っぽく起毛した表面は、やわらかで、やさしいトーン
・織りが密でしっかり
・程よいハリとコシ、身体に馴染みやすいクッタリとやわらかい

これはやっぱりハーフコートでしょうということで
FAB #037 ギャバジンのスプリングコートでもご紹介していました
「あきの縫い方の基礎」(水野佳子 著)のステンカラーコートをアレンジしています。

まず、着丈は10cm長く、裾まわりは10cm広く
ギャバジンのステンカラーコート
ギャバジンのステンカラーコート

 

前あきは比翼あきにせず、右身頃にボタンホールをあけて、カジュアルに
ギャバジンのステンカラーコート
ギャバジンのステンカラーコート

 

ポケットはセットオンタイプから箱ポケットに
ギャバジンのステンカラーコート

 

本のつくりかたでは、内側の縫い代はロックミシンで処理するようになっていますが、「折伏せ縫い&パイピング」で仕上げて、着心地UPしています。

ポケット袋はパイピング
ギャバジンのステンカラーコート

 

脇は折伏せ縫い
ギャバジンのステンカラーコート

 

袖のみ裏地をつけ、すべりよく、着やすくしています。(アームホールはパイピング)
ギャバジンのステンカラーコート

 

ハーフコートに間違いない、いい風合いのギャバジンです。
ギャバジンのステンカラーコート

 

製作のまとめ。

<材料>

・表地=コットン&ポリエステル×無地(チャコールブラック)×ギャバジン(148cm幅@1,830×2.4m=4,392)
・別布(バイヤステープ用=ポケット、見返し、アームホールの処理)=コットン&リネン×無地(ブラック)×薄サージ_全3色(138cm幅@1,300×0.5m)
・裏地(袖)=ベンベルグ(ブラック)×ローン_全6色(@1,080×0.6m)
・接着芯=綿ポリ芯(ブラック)_全5色(@500×1.4m)
・ボタン(直径2cm×5個※非売品)

 

<製作時間>

15時間

使用したパターン(#002 フレンチスリーブブラウス)