ソーイングほんとに基礎の基礎

ソーイングほんとに基礎の基礎 #009 正しく裁断するコツ_後編

update

前回からの続き、「さり気なく甘い服」(笹原のりこ著・文化出版局)から
表紙のシンプルなワンピースをつくりながら、裁断のコツをまとめています。
今日は接着芯の貼り方です。

 

接着芯を貼る理由
<理由1>布の伸びや型くずれを防ぐ
<理由2>布にハリをもたせてシルエットをきれいに保つ

つまり、布を補強するために貼ります。
シャツであれば、衿・カフス・前立てが貼る部分になります。

 

どうやって貼る?
袖ぐりや衿ぐりに貼るテープ状のものはそのまま貼ればOk。
問題は衿など小さめのパーツ全面に貼る場合。
「パターン通りに切って貼る」それでもいいのですが
基礎の基礎としては「粗に裁って貼る方法」をおすすめします。

 

「粗に裁って貼る」とは?
<ステップ1>表布と接着芯を型紙に1cmの余白をつけるイメージで粗(ラフ)に切る

(左が表布、右が接着芯。表布を接着芯の上にのせてハサミで切ったところ)

<ステップ2>表布の裏面に接着芯をアイロンで貼り付ける

アイロンは最初は中央からかるく押し当て、すべらせず10秒ほど置くイメージで定着させる

<ステップ3>表布に接着芯が貼れたら、型紙にもう一度あわせて、型紙通りに切り抜く



「粗に裁って貼る方法」をおすすめする理由=接着芯は縮むことがあるから
接着芯には「織り地タイプ」「ニット地タイプ」「不織布タイプ」やテープ状になったものなど
いくつか種類がありますが、いずれも接着面(片面もしくは両面)に接着剤がついていて
アイロンで熱を加えることで接着剤が溶けて布に定着します。

そのとき、接着芯が縮んでしまうことがあるので、先に接着芯を表布に貼っておいて
裁断する方が「正しく裁断できる」というわけです。

また、接着したあと熱があるうちに切ってしまうと、縮みきっていないこともあるので
「かならず冷めてから」切るようにしてください。

 

fab-Tube動画にまとめました。

次回はこのワンピースを縫製して完成させます。

ここで「ソーイングほんとに基礎の基礎」はひとまず完結。

ソーイングのテキストであれば、以降「縫い方」「始末の仕方」のテクニックについて半分以上のページを割きますが

僕が勉強して気づいたのはテクニックは単体は理解できても、「で、これはいつ使うの?」となってしまうこと。

 

「技術は使う場面で使われてこそ、技術」

といわれているかどうか知りませんが、実際にいろんなものをつくりながら、そのコツを写真・動画でご紹介すれば

「究極のソーイングテキスト」ができあがる、と考えました。

さらに使うミシンは職業用ミシン、ロックミシンを封印し、家庭用のコンピュータミシンだけ。

と、コンセプト・内容はがっちり固まってますが、シリーズ名が浮かばない。。。

字数的には「ソーイング○○○○△△の△△」なんですが。。。