topics

素材と織りの良さをストレートに、シンプルに。季節の白い布地。

update

白い布地を集めてみました。

白はじつに「強い色」、インパクト十分な色です。

それゆえ、素材(=糸)や織りの柄、光沢、そして風合いの良さがそのまま伝わります。

逆に言えば、良い素材をつかって、ていねいに織られた、風合いの良い布地さえ使えば

なんでもないシンプルなデザインであっても、十分仕立て映えする1着ができがります。

 

一見すると、無地ですが。。。

よーくみると、ボーダーやストライプ、チェックの織り柄になっています。

 

<よーくみると、ボーダー>

キュプラ&シルク×無地(オフホワイト)×ボイルジャガード(@1,280/m)

薄さの中にベタつかないハリがあります。

 

コットン×ボーダー(オフホワイト)×ボイルジャガード(@1,080/m)

ジャガード部分は、なめらかな光沢があります。

 

コットン×ボーダー(オフホワイト)×ボイルピンタック(@1,180/m)

タックが芯となり、ハリがあります。

 

コットン&ポリエステル×ボーダー(オフホワイト)×コードレーン(@950/m)

コード&ドットのぽこぽことした立体感。

 

<よーくみると、ストライプ>

コットン×ストライプ(オフホワイト)×シーチングピンタック(@1,180/m)


ピンタック部分はヨコに伸びます(伸縮率:約1.2倍)。ボートネックのプルオーバーシャツのつくりかたのポイントはこちら

 

コットン&シルク×ストライプ(オフホワイト)×サッカー(@1,380/m)

肌にベタつきにくくさらりとしています。

 

<よーくみると、チェック>

ポリエステル&コットン×チェック(オフホワイト)×サッカー(@1,080/m)

ラメ糸入りのサッカー。

 

ポリエステル&コットン×チェック(キナリ)×サッカー(@1,080/m)

絡み織の入った、繊細なチェックです。うすくてかるく、ふわふわしています。

 

コットン&キュプラ×チェック(キナリ)×からみ織(@1,180/m)


織りの立体感クタッとした風合いは、肌に馴染みやすいです。ボートネックのプルオーバーシャツのつくりかたのポイントはこちら