つくりかたHOW

HOW TO #017 ヨーク切替フレアスカートのつくりかた(②コンシールファスナーをつける)

update

オリジナルパターン#017ヨーク切替フレアスカートのつくりかた。
今回は、「縫製手順2)コンシールファスナーをつける」を解説します。

準備編

生地を裁断し、接着芯を貼る

縫製手順1

スカートとヨークを縫い合わせる

縫製手順2 コンシールファスナーをつける
縫製手順3 裏スカートと裏ヨークを縫い合わせる
縫製手順4  表スカートと裏スカートを  縫い合わせる(ファスナー部分)
縫製手順5

表スカートと裏スカートを縫い合わせる(ウエスト部分)

縫製手順6 裾を仕上げる

 

 

全体の縫製手順は以下の通り。
0004

 

縫製手順2) コンシールファスナーをつける

1.ファスナーの務歯をアイロンで起こす。
縫い目とファスナーの中心を重ね合わせ、縫い代とファスナーのみをしつけでとめる。017_イラスト-05

コンシールファスナー押え金に通しやすいように、ファスナーの務歯をアイロンの先をつかって、起こしていきます。DSC07855 DSC07860

 

脇の縫い目とファスナーの中心を合わせて縫い代とファスナーをしつけします。
※ピンで固定し、片方ずつ、しつけするとズレにくいです。
DSC07865DSC07866 DSC07868 DSC07869

 

片側をピンで固定したら、縫い代とファスナーをしつけ糸でしつけします。
(厚紙を縫い代の下に入れておくと、表地をすくわず、スムーズです)
DSC07875 DSC07878 DSC07880 DSC07881 DSC07883

 

片側のしつけが終わったら、ピンをはずし、もう片方を同様にしつけします。
DSC07885 DSC07886 DSC07887

 

2.粗ミシンをほどいて、スライダーをあき止り下の止め金まで下ろす。コンシールファスナー押え金であき止りまで縫う。017_イラスト-06

 

粗ミシンをリッパーであき止まりまで、ほどきます。
DSC07900 DSC07901

 

ファスナーのスライダーをあき止まり下の止め金までおろします。
DSC07903 DSC07906

 

コンシールファスナー押え金に替え、
DSC07908

 

押えの溝に務歯をはめ込み、返し縫いをして、務歯の際を縫います。
DSC07911

 

務歯を指で起こしながら、縫い進めます。
DSC07918

 

あき止まり付近はファスナーがまっすぐになるように、注意してください。
DSC07924

 

もう一方も同様に縫います。
DSC07928 DSC07935

 

3.スライダーをあき止りから引き上げる。
あき止りに止め金を移動してペンチでとめる。017_イラスト-07

 

まず、引き手を裏側に出します。
DSC07936

 

スライダーを引き上げます。
DSC07938 DSC07940

 

止め金を固定するために、スライダーをあき止まりまで、引き下げます。
縫い止まりに負荷ががかからないように、あき止まりから上に若干引き上げ、
DSC07942

 

止め金をペンチで固定します。
DSC07944 DSC07946

 

しつけ糸をとります。
DSC07952

 

コンシールファスナー付けができました。
DSC07955

 

次週、「縫製手順3)裏スカートと裏ヨークを縫い合わせる」に続きます。