blog

「ミセスのスタイルブック」さんの作例に布地をつかっていただきました

update

みなさま、fab-fabricが遂にやりました。

ソーイング・シーンに爪痕を残したのであります。

本日発売の「ミセスのスタイルブック」(2013年春号)の

作例にfab-fabricの布地をつかっていただいたのであります。

ご存知ない方のために「ミセスのスタイルブック」をご紹介すると。。。

30~40代の女性のためのスタイルブック
ミセスのスタイルブックは、雑誌「ミセス」の姉妹誌としてソーイングを中心に編集している服飾雑誌です。アメリカでは、ホームソーイングなどのホビークラフトは豊かな生活背景を持つ女性たちの優雅な趣味として静かなブームとなっています。日本でもソーイングを楽しむ女性たちは大変多く、30代~60代まで幅広い年代に支持されています。中でも中心的な世代となっている40代・50代は、子供が自立し、時間的にも経済的にもゆとりがあり、友人との旅行・パーティー・ショッピングなど、生活を大いに楽しんでおり、ミセスのスタイルブックは、そのような多くの女性から支持を受けています。(雑誌のオンライン書店 fujisan.co.jpの誌面より)

季刊誌ですが、文化出版局さんらしく充実した解説で、「型紙付き880円は安すぎるのでは?」な内容。
fab-fabricでも定期購読し、毎号「穴が空くほど」読み込んでいます。
そう、ソーイング・シーンのバイブル的存在なのです。
そんな偉大な存在にfab-fabricの名前が刻まれる。。。

音楽シーンに例えると、自主製作盤しか出していないインディーズバンドの楽曲が「ミュージック・マガジン」で紹介されるようなことなのです。

 

 

 

それでは、ご覧ください。「布地 fab-fabric」です!

ずいぶん、小さく・かわいい爪痕ですが。。。

ソーイング・シーンの「シーナ&ザ・ロケッツ」として、末永く頑張っていこうと思います。

書店でお見かけの際は、どうぞよろしくお願い致します。