もしもミシンが使えたら。。。

もしもミシンが使えたら。。。#047 クライミングパンツをつくる(縫製〜完成)

update

縫製はたのしい。
手のひらから伝わるミシンの振動は、スポーツカーのアクセルペダルを踏みこんだ時の高揚感に似たものがあります。

ただ縫製といっても、ミシンをさわっている時間は案外少なく、アイロンで整える、しつけをするといった時間の方が圧倒的に長いものです。

だから、時短につながるアイロン定規や、
GR115139

 

仮止めクリップが大好きです。
GR115148

 

もちろん必要に応じてシルクピンも使いますが、大切なのは「しっかりとまって、ずれないこと」なので、しつけは必要最低限にして、サクサク縫いたいものです。
GR115151

 

ホームソーイングは料理で云えば家庭料理なので、基本は基本でおさえつつ、つまるところ自己流でいいと思います。
GR115235

 

ソーイングもあまり気負わず、おいしそうな食材を選ぶように布地を選びを楽しんで、便利な道具をつかいながら、たのしい縫製を満喫することこそが上達への近道だと思います。
GR115241

 

縫い線が少々曲がったところで、
GR115249

 

ファスナーのとめ位置が微妙にずれたところで、
GR115255

 

できあがった料理を食べるの(=このパンツをはくの)は僕なのでOK。全く気にしません。(見た目よりも価値観の問題で、気になるなら縫い直しますが、体勢に影響なしと思えば、次回がんばろうでOKです。)
GR115263

 

時に縫いあわせる順番が混乱しそうになりましたが、
GR115271

 

確認しながら縫えば、
GR115275

 

確認しながら縫えば、、
GR115279

 

確認しながら縫えば、、、
GR115283

 

なんとかゴールできます。
GR115291

 

ポケットがなんか不格好だなと思ったら、ダブルステッチにしてなかったり。(脇を縫う前でセーフ)
GR115286

 

穴かがりがギリギリだったりしましたが、「案ずるより...。」です。
GR115307

 

久しぶりの縫製、たのしかったです。
GR115309

 

太ももが太く、太ももにサイズを合わせると、
201142_f

 

既製のパンツはウエストがブカブカだったりするのですが、
201142_g

 

ゆとりがありながら、おしりに余裕が出すぎず、
201142_h

 

ぴったりです。
201142_i

 

ほんのり起毛していて、肌触りがいい、やわらかなヘリンボーン。
201142_j

 

おすすめです。
201142_l

 

製作のまとめ。

<材料>

コットン×無地(カーキ)×ヘリンボーン(@1,430×2.0m=2,860)

コットン×無地(キナリ)×サージ(@990×0.5m=495)

接着芯_ポリエステル&コットン(オフホワイト)_薄地普通地用_全3色(@600×0.3m=180)

3cm幅のゴム 0.9m

ナイロンテープ(ウェビングベルト) 1.3m

アジャスターバックル 1個

ファスナー 15cm×1本

ボタン 15mm×1個